食中毒の予防について

食中毒は毒素型と感染型があります。
黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌は毒素型で病原性大腸菌、サルモネラ菌は細菌型になり潜伏期間、症状、感染経路などが変わってきます。
細菌やウィルスがついたものを食べると体内で増殖をして発症し腹痛、嘔吐、下痢などの症状がでます。
食中毒のほとんどが感染型のもので春から夏に多くなります。
ノロウィルスは感染力が強く集団感染の可能性があり注意が必要です。
症状が出た場合は脱水症状に気を付けます。
適度な水分補給を心がけ安静にします。
嘔吐や下痢があるときは体から菌などを出しきるため薬などは医療機関に相談します。
嘔吐では喉に詰まらせないように注意をしましょう。
フグ毒や化学毒などは重症化の恐れがあるので注意が必要です。
食中毒は食品の加熱殺菌、調理器具の洗浄、手指を清潔にすることで予防が可能になります。
食材などは適切な温度で管理した冷蔵庫などで保存をしをし菌などを増殖させないようにしましょう。
少しの心がけで中毒は防げると思います。